30代主婦のための再就職サポート

おすすめ

外で働きたい30代主婦の方へ

子育て中でも外で働きたいと思っていませんか?あなたと同じようにやる気があってウズウズしている30歳以上の女性の方が当サイトを見て、今では子育てと仕事を両立できていると喜ばれています。両立ができるような職場に就職できるようサポートできれば幸いです。

主婦の再就職について

子どもも手がかからなくなったし、将来のために貯蓄もしたいし、そろそろ働いてみようかな・・・と思っても、いざ仕事を探すとなると、「こんなにブランクがあるのに本当に働けるの?」「家庭と両立できるの?」など、様々な不安がよぎりますよね。

そこで今回は、主婦の再就職について色々と調べていきたいと思います。

主婦の再就職はどこに相談すればいい?

再就職といってもまず何をすればよいのか、どうやって仕事を探せばいいのか分からないという方は、『マザーズハローワーク』に相談するのがおすすめです。

マザーズハローワークは、子育てをしながら働きたい主婦を応援する厚生労働省が管轄する施設で、現在全国に163ヶ所あります。キッズスペースが設けられているので、小さなお子さま連れで来所することができ、子育てに理解がある求人を多く扱っています。

他には、派遣会社に登録するというのもおすすめです。主婦の場合、初めから正社員での採用はなかなか厳しいのが現状です。

派遣会社で紹介してくれる仕事の中には、『紹介予定派遣』というものがあって、一定期間派遣社員として働いたあと、企業と労働者との間で合意があれば、そのまま社員として採用されるという制度です。

主婦が再就職を希望する場合の面接対策

小さなお子さんがいたり、仕事のブランクがあったりする主婦の場合、新卒の面接とは違った質問をされることが多くなります。具体的にどういった質問が多いのか、またどのように答えるのが望ましいかを見ていきましょう。

【Q1.志望動機】
未経験の仕事の場合、単に「やってみたい」という答えは望ましくありません。やりたいと思うに至った経緯や実体験を添えて述べましょう。

【Q2.残業について】
お子さんがいる主婦に対しては「残業ができますか?」といった質問をされることはよくあります。お迎えなどの関係でできない場合は、「残業は難しい」ということを正直に言いましょう。

その上で、「勤務時間内に仕事が全て終わる様に最大限の努力をすること」また、「事前に残業が分かれば、誰かに子供を見てもらい残業をするのも可能であること」など、代替案を伝えましょう。

この時に、採用されたい一心で出来ないのに出来ると嘘をついてはいけません。また、できる場合は、残業をするための環境が整っているということを具体的に説明しましょう。

【Q3.お子さんが急に熱を出したらどうしますか?】
残業ができるかどうかの質問以上に、お子さんがいる方にはよくされる質問です。実家や義母など、預け先がある際はその旨を伝えましょう。

また、夫が比較的休みやすい仕事で、いざとなったら有給がとれるといった理由でも良いでしょう。預け先がない場合は、病児保育などを利用するのも一つの手です。お子さんが小さいうちは、実際によくあることなので、面接の前に万が一の対処法をしっかりと決めておきましょう。

【Q4.働こうと思ったきっかけ】
志望動機とは別に、なぜ今このタイミングで働こうと思ったのかを聞かれる場合があります。基本的には、「家計を支えたいと思った」「子供が成長し、働ける環境が整ったので仕事を始めることにした」などの理由で大丈夫ですが、ここでのポイントは、働くことに家族が理解を示しているということをアピールするということです。

家族の理解がなく独断で再就職を希望している場合、何かトラブルが起こったり、途中で辞めてしまったりすることも考えられるからです。

【Q5.働いていない期間は何をしていたか】
こういった質問があった場合、家事や子育て以外は何もしていない・・・とネガティブになる必要はありません。主婦業としての家事や育児、そして、親の介護や地域活動、もちろんアルバイトやパートの経験も自信を持って伝えましょう。これらのことを通して何を学んで、どんな能力を身につけたかを添えて話すことができればさらに良いでしょう。

主婦の再就職で役立つ資格

『就職に役立つ』と言われている資格は山ほどありますが、実際のところ、主婦が再就職する際に本当に役立つ資格とはどんなものがあるのでしょうか。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

マイクロソフト社公認のワード・エクセルの技能を証明する国際資格です。パソコンスキルを客観的に証明できるため、一般事務やデータ入力などのオフィスワークを希望する方には特におすすめです。

簿記

経理の仕事をするためには、とっておくべき簿記の資格ですが、主婦の再就職の場合、やはり重視されるのは実務経験があるかどうかです。

しかし、実務経験がなくても簿記の資格があれば採用に有利な会社も少なからずあるので、経理の仕事を希望する方は持っていて損はないでしょう。

普通運転免許証

意外に色々な仕事で必要になるのが、普通運転免許証です。地方にお住まいの方の場合、通勤の足として使うのはもちろんのこと、宅配便やメール便などの配達の仕事や、営業、保険の外交員などは普通免許が必要なことが多いです。

また、会計事務所や司法書士事務所など、市役所や郵便局・法務局などに書類を届けたり取りに行ったりすることが多い仕事の場合も必要になります。

主婦の再就職が厳しい場合は派遣とアルバイトではどっちがいい?

派遣のメリット・デメリット

≪メリット≫
○時給が高い
○トラブルが合った時、派遣会社が間に入って解決してくれる
○契約期間があるため、退職をする際の気まずさがない
○一定の条件をクリアすれば、福利厚生を受けることができる
○契約満了で退職した場合、1ヶ月後には失業保険が受給できる
○条件を満たせば、健康保険や厚生年金保険に加入できる
○派遣会社によっては、スキルアップ講習会などが無料で受けられる
○次の仕事に就く際、派遣の仕事は職務経歴として認められやすい

≪デメリット≫
×交通費が自腹
×長く働いても時給が上がらない
×契約更新のたびにハラハラする
×契約期間がきまっている

アルバイトのメリット・デメリット

≪メリット≫
○経験によって時給が上がる
○交通費が支給される
○いきなり契約が切られることはほとんどない
○一つの職場で長く働ける

≪デメリット≫
×派遣に比べ時給が安い
×トラブルがあった際、自分で解決しなければならない
×長く働いても、職歴としては認められにくい

以上のことから、給与や福利厚生・トラブルがあった時の対処などを総合的に考えると、派遣の方が圧倒的に条件が良くおすすめできます。

しかし、それほど高待遇を望まないのであれば、一つの職場で長く働くことができ、長期間働けば少しずつ時給も上がり、交通費も支給されるアルバイトという選択肢もありなのではないでしょうか。自分のライフスタイルと条件を照らし合わせ、自分にあった働き方を選びましょう。

再就職がおすすめの主婦の方

●お子さんに手がかからなくなった方
●自分だけの時間が持ちたい方
●お子さんの習い事や塾代が負担になってきた方
●自分の自由になるお金が欲しい方
●養われていることに引け目を感じる方
●年に1回は海外旅行がしたい方
●老後のために蓄えをしたい方
●日々に張り合いを感じたい方
●自分が何かの役に立っていると実感したい方
●家にこもっていると息がつまるという方

主婦が再就職先を探すのにおすすめの求人サイト

しゅふJOB

主婦人材に特化した求人サイトです。『時短・近所・お昼だけ・16時まで・残業なし・扶養の範囲内で・休みが取りやすい』など、主婦に嬉しい条件で仕事を探すことができます。

>>しゅふJOBの公式サイトはこちら

マイナビ転職Woman

正社員・契約社員を中心に、女性のフルタイムの積極採用をしている求人が多数掲載されているサイトです。女性管理職が活躍する職場や産休・育休の実績がある会社など、女性が働くことに理解のある求人が多いのが特徴です。

>>マイナビ転職Womanの公式サイトはこちら

まとめ

主婦が再就職をする場合、新卒の採用とは違い、ある程度の経験が求められます。つまり、経験のある仕事であれば、割とスムーズに採用されることがありますが、未経験の仕事に就くことはかなり困難であることを覚えておいてください。

しかし、主婦を経験したからこそできる仕事というのも、世の中には沢山あります。独身の頃とは違う視点で職探しをしてみて下さい。

また、就業形態も現在は様々です。正社員にこだわらず、派遣・契約社員・パート・アルバイトなど幅を広げれば、それだけ仕事の幅も広がります。

そして、実際に仕事を始めると、今までのように完璧に家事をすることはできなくなります。ですが、そこは上手に手を抜くことでのりきれます。

例えば、ネットスーパーや食材宅配の業者を利用するのも一つの手です。買い物の手間が省けるうえに、短時間で調理できる便利な食材セットなどを沢山扱っています。

掃除は、週末にまとめてやったり、お子さんにお手伝いをしてもらったりしても良いでしょう。

主婦業をしながら仕事をすることは、そんなに簡単なことではありません。しかし、金銭的な余裕ができたり、社会とつながることができたり、やりがいを見つけたり、時間を有効に使えるようになったりと、メリットも沢山あります。

何でも一人で全てやろうとせず、上手に手を抜き、上手に周りの協力してもらいながら仕事をすることができれば良いですね。

最新のエントリー一覧